Powered by masanoriKATO
  
  
   Register now on mysite.com!    Login  
ホーム インフォメーション 加藤昌範の世界 文献 作品資料一覧 問い合せ


作品概要 作品資料


作品概要

【家紋の研究】

その他の基礎的な研究は画家加藤昌範が明確にそのライフワークであった「100物語」の構成にとりかかる以前のものである。

そこではマリオネットや、一方では人体模型のような人形をもチィーフにしたアレゴリカル(寓意的)でヨーロッパ的な雰囲気に彩られたイラストレーション(絵画)がいくつか見られる。また一方では逆に、日本の古典的な紋様や、団扇、扇子という日本独特の絵画形式をもチィーフにした形式美への関心が払われている。

また、ディテールが自己増殖して自己形成するようなオートマチィック(自動記述的)でファジーな感覚を持ったアンフォルメル(有機的抽象)な画像などが描かれている。

しかしここに見られる習作(?)は後に展開される「100物語」の構成に見られるような躍動感、緻密で圧倒的な質量感に支えられ、確信に満ちた研究プロセスというダイナミズムは感じ取られないようにおもえる。

むしろ生気のない人形や、形式化された図像、一見有機的にも見えるファジーな形態に込められた繊細さと儚さ、あるいは存在に対する無意識の恐れなどが際立っているように見えはしないだろうか。


作品資料

各作品シリーズの図版を1枚づつ閲覧することができます。順次収録図版を追加していきます。お楽しみください。

各作品シリーズの図版を映像編集してあり、スライドショーとしてご覧いただけます。順次収録映像を追加していきます。お楽しみください。






License Information |  Privacy Policy |  Faq |  Contact


Powered by Masanori KATO © 2006 Masanori KATO  |  Design by Takayoshi Tsuchiya