Powered by masanoriKATO
  
  
   Register now on mysite.com!    Login  
ホーム インフォメーション 加藤昌範の世界 文献 作品資料一覧 問い合せ


| RSS |
レビュー : リトグラフ土岐市へ寄贈 -洋画家加藤さん制作 妹が目録「肥田の方々にぜひ」-
投稿者: 読売新聞 投稿日時: 2007-02-02 01:47:00 (2061 ヒット)

読売新聞記事
土岐市肥田町に学童疎開した洋画家加藤昌範さんのリトグラフ4点が同市に寄贈されることになり、妹の松月嘉子さん(71)(東京都狛江市)と郡山美恵さん(65)(神奈川県鎌倉市)が18日、土岐市役所を訪れ、塚本保夫市長に目録を手渡した。作品は加藤さんの未完の絵巻物「100物語」から制作された。同日午後から肥田公民館に展示された。
加藤さんは1935年、中国・天津市に生まれた。東京で暮らしていたが、空襲が激しくなったため、43年9月、父・幸夫さんの実家である土岐市肥田町に疎開した。

寄贈されたリトグラフと塚本市長、
松月さん、郡山さん(左から)
その後、東京藝術大学で洋画を学び、阿佐ヶ谷美術専門学校で後進の指導にあたった。退職後の96年、長野県伊那市のアトリエで疎開先の肥田町での生活や人々、情景を絵巻物に描いた大作「100物語」に取り組んでいたが、2003年9月、未完のまま68歳で亡くなった。

「100物語」には、少年時代を過ごした疎開先での魚釣りなどの体験や、農作や陶器づくりの職人たちが描かれている。松月さんは「兄や私がお世話になった肥田町の方々に見ていただきたい」とはなした。

加藤さんの没後、作品を整理した専門学校時代の同僚の相内啓司・京都精華大学教授は「小学校時代のエピソードを基に100の物語を書き、色んな角度からデッサンした」と解説。県美術館の浅野祐司学芸部長は「非常にデッサン力のある作家」と評価した。






License Information |  Privacy Policy |  Faq |  Contact


Powered by Masanori KATO © 2006 Masanori KATO  |  Design by Takayoshi Tsuchiya